ディオーネ宝塚

 

ディオーネ

 

大阪府茨木市にあるディオーネ本店に電話で質問を投げてみたら、なかなかどうして親身になった解説をしてくれました。

 

ディオーネという脱毛サロンは、平成22(2010)年に商売をスタートしたっていうぐらいですから、まだまだ8年ほどの歴史しかない脱毛サロンなんですね。

 

私は、長い歴史と伝統がある大阪の脱毛サロンが急に花開いたのかな?とか自分勝手に勝手に先走って考えていたので、かなり意外でした。

 

ここのところディオーネという脱毛サロンといえば、たしかによく耳にする脱毛サロンの名前ではありますけれど、まだまだそんなに歴史が古い脱毛サロンというわけではなかったんですね。。。

 

ただね、間違いなく言えるのは、ディオーネという脱毛サロンにはきっとハイクラスでハイクオリティな脱毛ノウハウがあるんだろうなということなんですよね。

 

ディオーネという脱毛サロンは、ほんの短い年月、ちょっとの浅い歴史の中で、日本全国津々浦々のあちこちに120サロンもかまえることができている一流脱毛サロンなわけですから、きっと経営マネジメントだってキッチリ工夫している脱毛サロンなのは間違いないところでしょうが、なんぼ経営マネジメントだけ素晴らしくても、いちばん大切な脱毛施術のやりかたが穴だらけ、スキだらけのザルノウハウでは、日本全国津々浦々のあちこちに120もサロンをかまえるだなんて到底出来っこないでしょう。きっとハイクラスでハイクオリティな脱毛ノウハウがあるはずですよね!

 

ディオーネという脱毛サロンのハイクラスでハイクオリティな脱毛ノウハウといえばまず、よその脱毛サロンと決定的に差別化される部分があって、それは産毛処理が出来るところなんですね。

 

そして次のハイクラスでハイクオリティな脱毛ノウハウといえば、ディオーネという脱毛サロンの脱毛施術には、痛みがほとんどないところだそうです。

 

脱毛の施術っていうぐらいですから、多少なりとも痛みが生じるのを覚悟した上で脱毛サロンに足を運ばなきゃならないというのはバッチリ承知の助なのですが、脱毛施術にまったくといっていいほど痛みが伴わないっていう部分が、ディオーネという脱毛サロンにおける人気の裏づけなのかな?とは思うんですよね。

 

何てったって、ディオーネという脱毛サロンときたら、再現率(リピート率)が96パーセントってぐらいですから!

 

ディオーネという脱毛サロンはハイパースキンっていう名前のハイレベル脱毛機械を起用しているらしいですね。

 

これまでありがちだった二流の脱毛機械あたりとちがって、このハイパースキンっていうハイレベル脱毛機械は、脱毛施術に高い熱をぜんぜん必要としないハイクオリティな機械らしいのです。

 

日本女性によるディオーネ脱毛の人気の秘密は、このハイパースキンっていう痛みを伴わないハイレベル脱毛機械なのかな?とか思ったりしたわけなんですよ。

 

そして、大阪を商売発祥の地とするディオーネという脱毛サロンが、日本全国レベルの人気脱毛サロンになる原動力となったハイクラス脱毛ノウハウはまだまだ他にもあるはずだと思っていまして、おそらくお試し脱毛コースが設定されているからではないのか?とか思うんですよね。

 

その他大勢のくだらない脱毛サロンなら、いくらお試し脱毛っていっても、たいてい「お試しコース?腕で一か所のみなら、やったげるね!」ぐらいの情けないレベルだと思うんですよね。

 

けど、かのディオーネという脱毛サロンには、全身、VIO、顔と3コースのお試し脱毛が用意してあるらしいんですよね。

 

ついでにあれこれ付け加えておくと、ディオーネ脱毛の場合、VIOのお試し脱毛コースが5,400円(消費税込)、全身のお試し脱毛コースが16,200円(消費税込)、顔のお試し脱毛コースが3,240円(消費税込)あたりの価格帯となっているらしいです。

 

日本全国トップレベルの人気脱毛サロンになってしまったディオーネいう脱毛サロンは、全身脱毛の値段だってよその二流脱毛サロンに比べればマシに設定しているほうではありませんかね?

 

ディオーネという脱毛サロンの全身脱毛料金は、平時で38万8800円(消費税込)らしいですからね。

 

どこの脱毛サロンさんと明言まではしませんが、全身脱毛にもっともっとアホみたいに高い料金をとるところって、世の中にはいっぱい存在しますからね(; ̄д ̄)

 

ディオーネという脱毛サロンの全身脱毛の施術は、1回90分〜120分ぐらいですっかり完結するそうですし、そないにぎょーさん貴重な時間を脱毛サロンに突っ込まなくても脱毛が済ませるところもディオーネという脱毛サロンの特徴なんでしょうね。

 

ディオーネという脱毛サロンだと、サロン自体に足を運ぶ時のペースは、ひと月にたった一回ほどらしいんですよ。

 

かといって、1回の全身脱毛施術に3時間も4時間も貴重な時間を突っ込んでたら、せっかく街中に出てきたというのに、残りの用事がぜんぜん出来なくなってしまう恐れがあります。

 

やっぱり、全身脱毛施術1回がほんの2時間たらずで素早く完結するというのも、ディオーネという脱毛サロンの人気を裏付ける大きな特徴の一つなんでしょうね。

 

ディオーネという脱毛サロンが、日本の女性の間で人気脱毛サロンに急成長するのも頷けるというものであります。

 

さらに、ディオーネという脱毛サロンがよその二流脱毛サロンと一線を引くところは、男子のサロン内出入りについてでありましょう。

 

昨今、女子専門のサロンをはりきって標榜している脱毛サロンといえば、意地でも男人のサロン内への出入りをお断りするところが多いはずでしょ? 

 

もちろんディオーネという脱毛サロンだって、キホンは女子専門脱毛サロンを看板に掲げてるはずなんですよ。

 

でもディオーネという脱毛サロンは、ちょっぴりそのあたりの対応がよその二流脱毛サロンとちがっているんですよね。

 

ディオーネという脱毛サロンの対応が、どのていどよその二流脱毛サロンと差別化されているのか?っていいますと、脱毛施術を依頼する女子張本人の年令が19才以下、つまり成人前であるときの父親さんのサロン内出入りについてなんです。

 

もちろん、ディオーネという脱毛サロンで脱毛施術を依頼する女子張本人が成人前の段階だといたしますと、ディオーネという脱毛サロンだって通常は叔母さんやお姉さんや母親が保護者の立場をとりつつ席を同じくして、新規の脱毛契約を締結する段取りになるわけなんですよ。

 

ところが、脱毛施術をディオーネという脱毛サロンで申し込もうとする成人前の女子張本人に、肝心カナメの母親がいないことだってありますもんね。

 

新規の脱毛契約を締結しようとする成人前の女子張本人が、幼い時代からずっと父子だけの家庭で育ってきたっていう場合だってあるわけですよ。

 

そういう拠所なき事情がある女性の方は、ディオーネという脱毛サロンへ事前に電話質問をして、家庭の内情をくわしく話しさえしておけば、ディオーネという脱毛サロンで脱毛施術を締結しようとする成人前女子張本人の父親が脱毛サロンに入場することができるようになるケースだって、なきにしもあらずなんですよ。

 

こんな男子の店内出入りに関する柔軟な対応姿勢も、ディオーネという脱毛サロンの人気の一因ではないのかな?と、私は心の中で自分勝手にイメージしたりしているわけなんです。

 

未成年女性の女性保護者が身内に一人も見あたらないから、成人前女性とは新規の脱毛契約を締結しないなんてことをすれば、ディオーネという脱毛サロンにだって決してトクにはならないはずだと思いますしね。

 

もし、成人前女性が、ディオーネという脱毛サロンにて新規の全身脱毛契約締結を求めているのならば、ディオーネという脱毛サロン側だって30万円〜40万円ぐらいの新規の脱毛契約のチャンスをみすみすフイにするという情けない結果になってしまうわけですから‥‥。

 

日本国内の脱毛業界だって、同業他社同士のサバイバルが激しさのピークを迎えているわけですから、ディオーネという脱毛サロンとしても、たった一人の未成年女子と結ぶ新規の脱毛契約だって絶対に軽視したりはしないはずですからね。

 

このへん、ディオーネという脱毛サロンには、サロン内への男性出入りにも一定の寛容さがありますよね。

 

この脱毛サロンとしての柔軟な性格も、ディオーネという脱毛サロンが日本全国の女子人気を獲得できる一助になっているような気がして仕方がないんですよね。

 

ときに、ディオーネという脱毛サロンで脱毛契約が締結できる齢(よわい)ですが、ディオーネという脱毛サロンときたら、よその二流脱毛サロンとは何の比べものにならないぐらいの若い年令から新規の脱毛契約を締結してくれるそうなんです!

 

こりゃすごい!!!

 

みなさん驚くなかれ、ディオーネという脱毛サロンで、新規の脱毛契約が締結できる齢(よわい)とは、何と3つの齢(よわい)からなんですってばよ!!!

 

こんな若年層女性とまで新規脱毛契約をしてくれるだなんて、親切なディオーネという脱毛サロンの評判で街の女性たちは大騒ぎに違いありませんよね!知らんけど。。。

 

日本の女性なら、たぶん誰もが感じることなのだろうと思うのですが、3つの齢(よわい)なんて、ディオーネという脱毛サロンにて脱毛施術を受けなきゃならないぐらいに体毛がニョキニョキ生えてくるのか?ってついつい訝しんでしまう年令ではあるんです。

 

しかし、『最愛の娘に、3つの齢(よわい)からでもいいからディオーネで脱毛施術を受けさせたい』という意向をもつ親御さんが日本のどこかに存在していたとしても別に不思議じゃありませんもん。

 

それが最愛の娘の未来を案ずる人の親というものですからね。まあ、たぶんですが。。。

 

そういえば、180度正反対のお話の内容とはなりますが。

 

もしかすればディオーネという脱毛サロンが施す脱毛施術とはまったく相性が合わなかったという女性とか、一身上の理由でディオーネという脱毛サロンと結んだ脱毛契約を破棄したい女性とかもどこかにいらっしゃるかもしれませんよね?

 

ディオーネという脱毛サロンだと、新規の脱毛契約締結をしたまさにその日から八日以内であったら、何の問題もなくクーリングオフの手続きをしてもらえるみたいですよね。

 

あと、ディオーネという脱毛サロンで脱毛の施術を数回受けた後、中途で脱毛契約を破棄したくなったときは、ディオーネという脱毛サロンにて脱毛施術をまだ受けていない残りのお金の合計金額から10%の契約破棄手数料を引かれた金額がディオーネという脱毛サロンから返金してもらえる段取りになっているらしいですね。

 

で、耳寄りかどうかはさておいた追加情報なんですが、ディオーネという脱毛サロンの中途契約破棄の手数料は、2万円が最高額となってますよ。

 

そこらあたりの柔軟な対応姿勢を見たら、やっぱりディオーネという脱毛サロンは、比較的良心的な脱毛サロンなのかもしれませんよね!

 

ディオーネ西宮北口店‥‥西宮市甲風園1-9-8 睦ビル302号

 

≫疑問は公式サイトでクリアするべきですよ。